Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

タマリンドを効かせたペナン・ラクサや、カレーのようなサラワク・ラクサなど、シンガポールには様々な種類のラクサがあります。しかし、一番有名なのは、何といっても自家製カトンラクサ。

カトン・ラクサは、カトン地区に住むプラナカンたちによって生まれました。ココナッツミルクや干しエビで味付けした、燃える夕陽のような赤々としたスパイシーなスープに、ザルガイや大エビ、かまぼこなどのトッピングが乗っています。

麺に特徴があり、太めの麺を短く切ってスプーンですくって食べられるようになっています。店の中には、箸が要らずスプーンだけを出すところもあります。

その美味しさが人気のカトン・ラクサは、フランチャイズや大手のラクサ屋台がその味を再現し、東からシンガポール全土へと広がりました。

カトン・ラクサ争い

すべての屋台が我こそはカトン・ラクサの元祖だと主張する中、一体どれが本物の元祖かという長年の議論には、まだ決着が付いていません。

しかし、有名なのは「ジャンガット」バージョン。ジャンガットとはマレー語でヒゲを意味する言葉で、顎の下にあるほくろからヒゲが伸びた屋台の主にちなんで名付けられました。この屋台は家族経営で、現在はクイーンズウェイ・ショッピング・センターで営業しています。

カトンにはジャンガットバージョンではないラクサの屋台もあり、総じてシンガポール・ラクサと定義されるようになった美味しい一品をお届けしています。通常のラクサがカトン・ラクサと違うのは、麺が切られていないのでお箸が必要だということです。

#laksa インスタグラム