外はパリッと中はしっとりのロティ・プラタは、いつ食べても美味しいメニュー。ギー(インド風澄ましバター)で味付けした生地を宙に投げ上げて伸ばす、インド南部の平たいパンのことで、通常は魚やマトンのカレーと一緒にいただきます。

ロティとは「パン」、プラタまたはパラサとは「平たい」という意味の、ヒンドゥー語の言葉です。インドのパンジャブのパンケーキがルーツだという説もありますが、マレーシアでは全国的に平たいパンのことを「ロティ・カナイ」と呼び、これはチェンナイが起源だという人もいます。

そのルーツがどこであれ、ロティ・プラタは一日のうちいつ食べても満足するメニューです。クラシックなバージョンでは何も付けずにプレーンで、または卵と一緒にいただきますが、現在ではチーズ、チョコレート、アイスクリーム、はたまたドリアンまで、奇抜なバリエーションが数多くあり、メインコースとしても、デザートとしても楽しめるメニューとなっています。

異なる生地

店の多くは深夜まで営業しています。店によってプラタの食感は様々で、柔らかいもの、モチモチしたもの、カリカリのものと色々ありますが、大抵はそれらの中間の食感が多いと言えます。

プラタ作りで一番難しいのは生地を伸ばすこと。これは一見の価値がある光景でもあります。プラタ職人が、何度も生地を宙に投げ上げて、紙のように薄く、4~5倍の大きさに伸ばしていく様子をご覧ください。この薄くなったプラタの生地を長方形に折りたたみ、油を引いた鉄板の上で焼きます。

そのまま指でつまんでお召し上がりください!