Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポールはアジアの食の都です。どのフード・センターを訪れても、いったい何を食べてよいやら迷ってしまうほど多種多様な料理が並んでいます。あちこち探し回らなくても、フード・センターには、刺激的な味、自家製ソース、心のこもった料理がすべて揃っています。代々営業してきた屋台にとって、屋台が紹介された新聞記事や雑誌の切り抜きはシンガポールの過去から現代までの歴史を伝えてくれるものです。

シンガポールのローカルフード

チャイナタウンにあるマックスウェル・フード・センターでは、皮蛋粥、チャー・クェイ・ティオ(豚のラードとトリ貝入りの、平たい米麺の焼きそば)、世界的に有名なティエン・ティエン・ハイナン・チキンライス(天天海南鶏飯)の海南チキンライスなど、ここだけでさまざまな中国料理を味わえます。

シンガポールのローカルフード

刺激的な味がお好みなら、ハーブとスパイスの香りが漂うマレー料理が食欲を満たしてくれます。サテー (串に刺した肉を焼き、スパイシーなピーナッツソースをつけて食べる)なら、 サテー・バイ・ザ・ベイに数多く集まる手押し屋台で味わってみましょう。 カンポン・グラム にある ハジャ・マイムナー は、蒸した白米とバラエティーに富んだ肉と野菜のおかずのセット ナシ・パダンで有名です。

シンガポールのローカルフード

プラナカン(海峡華人)料理は中国料理とマレー料理が融合した料理です。プラナカン料理に挑戦するなら、 カトン ・エリアに足を運んでみましょう。 328カトン・ラクサではスパイスが効いたココナッツミルクをベースにしたスープヌードルラクサを、老舗の グアン・ホー・スーン では プラナカン 料理を堪能してください。

シンガポールのローカルフード

ユーラシア料理は、東南アジアの味覚をベースに、ポルトガルやオランダ、英国の影響を受けてできた料理です。 クエンティンズ では人気メニューのデビルズ・カレー、 イミグランツ・ガストロバー ではビールやウイスキーのおつまみにセバク (豚肉のスパイス煮込み)などの小皿料理を味わってみましょう。

シンガポールのローカルフード

シンガポールではインド料理も大変人気があります。地元で人気の プラタ(平たい揚げパン、通常カレーと一緒に出される)を味わうなら、人気店 ジャラン・カユに向かいましょう。 リトル・インディアでは、 ムトゥーズ・カリー のフィッシュ・ヘッド・カレーや、ベジタリアンの方なら コマラ・ヴィラ・レストラン はいかがでしょうか。

シンガポールのローカルフード

もはや何を食べたいたらよいかわからなくなってしまったなら、さまざまな味覚を楽しめる ニュートン・フードセンター や マカンストラ・グラトンズ・ベイなどで、気の向くままいろいろな料理に挑戦してみましょう。

シンガポールを訪れるなら、お祝いの年にちなんで多数のレストランが嬉しい特典や割引を用意している今がチャンスです。