Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポールの食

シンガポールではいま、歴史ある地区に魅力的な飲食店が続々と登場しています。昔懐かしい雰囲気に最新のレストランが溶け込み、かつては静かなエリアだった場所がクールなダイニングスポットへと変貌を遂げようとしています。

ティオン・バルは、30年代〜40年代のアパートやショップハウスが建ち並ぶおしゃれなエリアです。40ハンズティオン・バル・ベーカリーなどの趣のあるカフェや、ビンチョウイッキュウといったモダンなレストランがあるおかげで、今や若々しいエネルギーに溢れています。ティオン・バル・マーケット・アンド・フード・センターでは、屋台料理を味わうことができます。

シンガポールの食

豊かな歴史を誇るジャラン・ベサールは、カランの北東エリアにあり、国定保存地区になっています。ここには、チャイセンホァ・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)ザ・ブレイブリーのような新しいおしゃれなカフェ、パリスタイルのティー・サロン アントワネットや、カフェ・レストラン・バーのスプレットなどの飲食店があります。このように新しい店が開店している一方、スゥー・チューン・ティム・サム(瑞春点心)のような老舗も未だ健在です。

シンガポールの食

同様に、チャイナタウンのショップハウス保存地区ダクストン・ヒルでは、トレンディなレストランの登場によって、街が再び活気づいています。スペイン産ワインとタパスを楽しめるサビオ・タパス・バー、パリ風のビストロラントルコート、メキシコのストリート・フードルチャロコなどがおすすめです。

シンガポールの食

シンガポールの南部にはギルマン・バラックスがあります。豊かな緑に囲まれたコロニアル様式の建物の中には、13のアートギャラリーが入っています。シーフードとカクテルの店ザ・ネイキッド・フィン、生演奏を聴きながらコンフォート・フードを堪能できるティンバー@ギルマン、手頃な値段でフランス料理を楽しめるメゾンなど、素晴らしいレストランがここにも集まっています。