クラブ好きの方にまず足を運んでいただきたいのが、ほぼ25年にわたりシンガポールや東南アジアのナイトライフシーンを牽引してきたズークです。世界的に有名なクラブの1つ、ズークは、批評家やクラブ好きな人たちの間でも指折りのバーと認められています。

カンポン・グラム地区にあるブルー・ジャズ・カフェは、その多彩なサウンドで、流行に敏感な人たちに人気です。上階でヒップホップやジャングルなどが流れる一方で、階下では極上のセッションを聴きにジャズファンが集まっています。楽しい時間を過ごせること請け合いです。


倒れるまで踊ろう

クラーク・キーアティカは、地元のリピーターや外国人の常連客を魅了する燦然たるパーティで有名です。

最後にご紹介するのは、セントラル・ビジネス地区の地下にあるクールなクラブ、キョウです。ビジョナリー・アートが飾られている店内で、エレメンタル・ミュージックを 楽しめます。世界中から来るDJと共に、上品で洗練された音楽のレパートリー、豊富なシャンパン、魅力的な人々が揃ったバーで、素晴らしい夜を満喫してください。


絶景

シンガポールのスカイラインにうっとりしながら一杯味わいたい方にぴったりのルーフトップレストランが、たくさんあります。

マリーナ・ベイ・サンズスカイパークに店を構えるセ・ラ・ビには、熱心なファンがいます。その理由は容易に想像がつくこと―― ここから、マリーナ・ベイ地区の360度のパノラマビューと、街の素晴らしいスカイラインを一望できるからです。バーエリアで静かに過ごすもよし、カクテルをのんびり味わうもよし。スカイバーのオープンエアスペースに出て、究極の眺めを満喫するのもいいでしょう。

チャイナタウンを見下ろすポテト・ヘッド・フォークの麗しいルーフトップバーの景色と音に飛び込みましょう。絶品のティキに影響を受けた、バリの手工芸の竹やココナッツに入っている数々のカクテルが有名な店です。

リトル・インディアにある、スペインをテーマにしたバー、ゾフィ。落ち着きのある静かな店です。ドリンク1杯のご注文ごとにタパス料理が無料で付いてきます。シンガポール島ではお目にかかれない、のんびりとした雰囲気に浸りましょう。


もう1軒、ワン・アルティテュードも、チェックしたいルーフトップバーです。海抜282mと、ルーフトップバーとしては世界屈指の高さを誇ります。この オープンエアのバーはワン・ラッフルズ・プレースの61階~63階に位置しており視界を遮るものがないため、シンガポールの景色を一望できます。

個性的なビールを飲みたいときは、レベル33に行きましょう。マリーナ・ベイ金融センターのペントハウスにあり、都会のクラフトビール醸造所としてはもっとも高い場所にあることが公式に認められています。


踊って飲んで

美味しい1杯を味わいたい? そんなあなたは、オーダーメイドカクテルバーの波がシンガポールにも押し寄せ、洗練された味覚を持つ人々の間で人気を博していることを知ったら嬉しくなるはず。

おすすめは、まず「28ホンコン・ストリート」に行くこと。シンガポールでも指折りのカクテルを愉しめます。予約必須なので、お忘れなく。

「Whore's Bath(ホアーズ・バス)」や「Modest Mule(モデスト・ミュール)」という名前のドリンクが用意されています。メニューにアルコール度数が表示されているので(きっと役に立つはず)、自分のペースでお酒を楽しめます。最後は美味しいバーフードで楽しい時間を締めくくりましょう。

見逃せないもう1軒の店は、タンジョン・パガーにある超近代的なティップリング・クラブです。ドロッピェ・ダイキリやジュニパー・スリングなどのクラシックなカクテルを試してみてください。

マティーニがお好きなら、エスプラネードの最上階にあるオルゴがおすすめです。有名な日本人ミクソロジスト北添智之さんが非の打ちどころのないカクテルを作ってくれることで知られています。

文化的に豊かなチャイナタウン地区のビターズ&ラブ やジガー&ポニーでは、より創造的なカクテルとの出会いがあります。ビターズ&ラブは、斬新なドリンクを味わえる気さくなバーです。以前はアートギャラリーだった場所にあるジガー&ポニーには、永遠の定番カクテルを求めて、シックに着飾った客が集まってきます。

これだけバーの選択肢が豊富なのですから、黄昏時は、街を眼下に臨みながら乾杯する良いタイミングです。