グランドスラムのテニスプレイ

女子テニスサーキットの花形、WTAファイナルは今回再びシンガポールで開催され、熾烈なスマッシュの応酬が繰り広げられました。世界トップ8の女子シングルスとダブルスの選手たちは優勝者のタイトルを、そして言うまでもなく700万米ドルの賞金を目指して対決しました。10日間続いたこのイベントは、マリーナ・ベイ・サンズで行われたシングルスのドローセレモニーから始まり、その数日後にファン・ビレッジでダブルスのドローセレモニーが行われました。セレモニーではファンが選手たちの組み合わせが抽選で決まる様子を見守りました。

ドミニカ・チブルコバがトップシードのアンゲリク・ケルバーを破り、予想外の優勝を遂げました。ドミニカ・チブルコバはラウンドロビンマッチではアンゲリク・ケルバーに負けています。WTAファイナルのシングルスでの優勝は、チブルコバの今日までのテニスのキャリアおいて最大のタイトルとなっています。ダブルスでは、リオ・オリンピックの金メダル受賞者であるエレーナ・ベスニナとエカテリーナ・マカロワが、今回も万人納得のトロフィーを獲得しました。

コートの外では10月23日に開会を祝うファミリー・デーが開催され、若者、そして気持ちの若い人々が、ゲームなど様々な楽しいアクティビティに興じました。ファン・ビレッジでは、ファン達はお気に入りのテニススター達の近くに行って直接話ができる機会もありました。なかには貴重なサインや、サイン入りの記念品を手にした人もいました。若いアスリート達は、WTAフューチャー・スター・トーナメントで腕を披露する機会もありました。ここでは、新進気鋭のスーパースターたちがコートで活躍する様子が見られました。この中には、将来のWTAファイナルの優勝者がいるかもしれません。

2017年10月に再度WTAファイナルが開催される時には、さらに興奮するテニスマッチが見られることをご期待ください。