Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

リトル・インディアはシンガポールでディパバリの祭りを満喫するのに最適なスポットです。

撮影者 Andrew Tan

世界中のヒンズー教徒が祝福するディパバリは、悪に対する善の勝利、つまり闇に打ち勝つ光を祝う祭です。シンプルにオイルランプに火を灯すこと、これがディパバリの象徴とも言えます。

シンガポールで暮らす数千世帯のヒンズー教徒は、家の中を暖かみのある金色の光で満たして祈りを捧げ、プレゼントを交換し、砂糖菓子を分かち合います。

生き生きとした鮮やかなカラー
ディパバリの期間中は、光り輝く金や宝石、見事な刺繍が施されたサリー、きらめく金のオイルランプなどが並ぶインドのバザールを訪ね歩いてみませんか。

撮影者 Choo Yut Shing

エキサイティングな体験をお求めですか。では、リトル・インディアに向かいましょう。通りがカラフルなアーチと美しいライトで彩られ、幻想的な世界に変貌し、まるで別世界に迷い込んだよう。

光り輝く金や宝石、見事な刺繍が施されたサリー、きらめく金のオイルランプなどが並ぶバザールを訪ねてみませんか。マリーゴールド、バラやジャスミンを編んだフレッシュな花飾り、甘い芳香を放つお香、インドのスパイス、アーユルヴェーダのマッサージオイルなどの様々な香りを楽しみましょう。

五感が喜ぶ味覚

屋外コンサートを楽しんで、精緻な柄のヘナのタトゥーを体験しましょう。近くのレストランでは、焼き立ての「ロティ・プラタ」(平たいパン)と共に美味しいカレーをお試しください。

コーヒーショップで「テタレ」(泡状のミルクティー)を片手に祭り見物を楽しむのも一興です。くつろぎながら、シンガポール屈指の美しい祭りが活気づく様子をご覧ください。

見どころ

神を招く飾り

ディパバリの期間中、ヒンズー教徒の住宅は一目でそれとわかります。出入り口には、小麦粉、米、花びらで作られた鮮やかな色調の美しい絵が飾られます。幾何学的なパターン、花の形、動物や自然を表現した繊細な絵など、そのデザインは様々です。「ランゴーリ」として知られるこれらの作品は、今後1年間の家族への神のご加護を祈り、神を家に招き入れるために作られます。

#sgdeepavali インスタグラム