Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

ハリ・ラヤ・ハジは、自分の息子のイスマイル(イシュマエル)を生け贄に出すよう神に命じられたイブラーヒームの話に基づく祝祭です。

撮影者 Bianca Polak (whitecat sg)

4日間続けて催されるハリ・ラヤ・ハジは、預言者イブラーヒーム(アブラハム)の神に対する忠誠心と全幅の信頼を称える祝祭です。

これは、自分の息子のイスマイル(イシュマエル)を生け贄に出すよう神に命じられたイブラーヒームが、従順にその戒律に従ったという話の中で詳しく描かれています。神はイブラーヒームを止め、彼の息子の代わりに羊を生け贄として差し出しました。

祈りと犠牲

この期間、敬虔な信者たちは最も上等な衣服を身に着けてモスクに集まり、説教を聞いて祈りを捧げます。

しかし、ここで最も重要な儀式は「コルバン」(犠牲)です。信者たちが生きた羊、子羊、ヤギ、牛を寄付し、祈りを復唱している間に生け贄は頸部を切られて命を絶たれます。

この行為は、自分の家族さえも生け贄として神に捧げた預言者イブラーヒームの忠誠心を信者に思い起こさせます。生け贄の動物は清められ、その肉は切り分けられて分配されます。

分かち合いと思いやり
ハリ・ラヤ・ハジは、肉体的な欲求ではなく精神的な欲求に関する祝祭です。

撮影者 Public Domain

それぞれの動物の肉は、三分の一はその動物の購入者、三分の一はその人の家族や友達が受け取るのが伝統です。これは思いやりを大切にする祝祭なので、富を分配して慈悲の心を忘れないように、残りの三分の一は通常貧しい人々や助けを必要とする人々に分け与えられます。

この儀式が終わると、イスラム教徒は両親、家族や友人宅を訪問し、共に食卓を囲んでくつろいで過ごします。

派手なごちそうやお祭り騒ぎはありません。これは、肉体的な欲求ではなく精神的な欲求に関する祝祭だからです。

見どころ

巡礼者が進む道

また、ハリ・ラヤ・ハジは、毎年イスラム教徒がサウジアラビアのメッカを巡礼する「ハジ」の終わりを告げる行事です。この険しい旅は、預言者ムハンマドの足跡をたどるもので、聖地メッカに到着した信者が一連の象徴的な儀式を行い終了します。 「ハジ」はイスラム信仰の第5の義務とされており、収入があり健常な信者は生涯に一度は行うことが求められています。

#sgharirayahaji インスタグラム