Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

アメリカ人にとってのハロウィーンのように、中国系の人々はハングリー・ゴースト・フェスティバル(中国語では 「中元节」)を行い、この時期には死者の霊がこの世をさまようと考えられています。

習わしによると、このような亡霊は無視されるといたずらを行うので、旧暦で7番目の月にあたるこの時期にはありとあらゆるお供え物が捧げられます。

お供え

住宅街のあちこちに金属製のゴミ箱が置いてあることに気づきましたか。

これらは地獄の金や車、時計、ジュエリーなどを模した紙製の供物を入れるために特別に置かれているものです。死後の物質的要求にも対応して亡くなった家族の魂を鎮めるために、親族がこれらの供物を燃やします。

戸外に供えられた食べ物を踏んでしまわないよう、この時期は足元にもご注意ください。大半の人々はお供え(オレンジ、米、ときには子豚など)や線香を正式な祭壇に備えますが、歩道の脇にそっと置いたり、木々の周りに並べる人もいるからです。

賑やかなショー

さらに、亡霊の金欲と食欲を満たすだけでは不十分なようで、亡霊を楽しませることも重要な供養のひとつと考えられています。

アン・モ・キオやイーシュンなどの郊外の住宅街では、屋外にテントが設置され、賑やかなディナーやオークションが開催されます。チャイニーズ・オペラや「ゲタイ」(中国語で「歌のステージ」という意味の、生のステージ・パフォーマンス)などのパフォーマンスも行われ、神と女神の物語、ユーモアのあるコメディー、歌やダンスなどが繰り広げられます。

誰でも観覧できるので、座ってショーを楽しみましょう。ただし、「特別ゲスト」との交流をお望みでない限り、最前列には座らないようにしましょう。

見どころ

時代とともに変化するパフォーマンス

フェスティバルの中心は「ゲタイ」と呼ばれるパフォーマンスで、さまよう霊に人気の娯楽として行われています。しかし、今日の「ゲタイ」 はまったく様変わりし、クールなLEDパネルがステージを華やかに演出します。若くてセクシーなパフォーマーたちが、伝統的な方言の歌だけでなく、英語や北京語のポピュラーソングをテクノバージョンで歌い上げます。精神世界のテイストも、時の流れとともに変化しているようです。

#sghungryghostfestival インスタグラム