Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

タイプーサムの期間中、敬虔な信者はムルガン神のご加護を求めて苦行の儀式を行います。

撮影者 Lionel Boon

大規模でカラフルな行進を主体とするタイプーサムでは、シンガポールの敬虔なヒンズー教徒が神のご加護を求め、忠誠を誓い、感謝を捧げる様子が見られます。

この祭りは、美、若さ、力を象徴し、悪の破壊者であるスブラマニヤ神(別名ムルガン神)を称えて祝われます。

祭りは通常2日間にわたり行われます。祭りの前日には、馬車の行進(スブラマニヤ神像とともに)がセラングーン・ロードのスリ・スリニバサ・ペルマル寺院からスタートし、ケオン・サイク・ロードのラヤン・シチ・ヴィナヤガー寺院まで進みます。

タイプーサムの儀式は、早朝に行われます。先頭の一団は、ミルクの入った壺と木製のカバディを携えています。舌に串を刺し、花やクジャクの羽根で飾られた木製のカバディを肩に載せてバランスを取りながら歩く人もいます。スパイク付きのカバディを運ぶ敬虔な信者もいますが、これには入念な準備が必要です。

儀式の準備

タイプーサムは、敬虔な信者にとって、厳格な菜食主義を守り精神面での準備を整えてきた1か月のクライマックスとも言える行事です。

心が物質的な価値から解放され、体が肉体的な欲求から解放されたときに限り、信者は痛みを感じずに神聖な苦行を行えると考えられています。

カラフルな行列

もちろん、タイプーサムの行列の参加者すべてが極端な苦行を行うわけではありません。大半の「カバディ」にはスパイクがなく、女性の場合はヒンズー教で豊かさと子宝を象徴するミルクの入った壺を運ぶ人も数多くいます。

この壮観な行進は、セラングーン・ロードのスリ・スリニバサ・ペルマル寺院とタンク・ロードのスリ・タンダユタパニ寺院の間で見学することができます。一部の道路はこのイベントのために封鎖されます。

敬虔な信者たちは4.5キロメートルの距離を歩き、同行する家族や友人は賛美歌や祈祷を唱えて行列の参加者たちを励まします。

見どころ

気力で乗り切る

「カバディ」はタミル語で「あらゆる段階で犠牲になる」という意味で、このお祭りをよく見ると、この言葉の意味を実感できるはずです。スチール製や木製のフレームで作られた半円状の「カバディ」は、行列行進の間、敬虔な信者により担がれます。肩で支えるための棒を備え、花やクジャクの羽根で飾られ、中には体に刺すスパイクを備えたものもあります。最大で重さ40kg、高さ4メートルに及ぶものもあります。

#sgthaipusam インスタグラム