ノース・ブリッジ・ロードとスタンフォード・ロードの合流点に位置し、独特の存在感を放つキャピトル・ビルは、長い間、シティホールのランドマークの一つでした。

数年間にわたる改修工事の後、この1930年代に建てられた由緒ある建築物は、以前の栄光を取り戻し、現在は、複合施設「キャピトル・シンガポール」となっています。

注目の歴史街区

ナマツィー一族の依頼により、建築事務所キーズ&ダウズウェル(Keys & Dowdeswell)が当初設計したネオクラシカル様式のキャピトル・ビルが完成したのは、キャピトル・シアターの完成から4年を経た1933年のことでした。キャピトル・シアターは、そのオープン以来、シンガポール第一の映画館として数十年間にわたって同国の映画シーンの中心でした。

交差点に面してポルチコのある印象的なファサードのこの建物は、シンガポール屈指の特徴ある街角の背景になりました。巨大な広告看板にはキャピトル・シアターで上映中の最新映画のポスターが飾られ、街行く人やドライバーたちの注目を集めました。看板そのものが、ランドマークそのものとして親しまれていたのです。

今日、キャピトル・シアターは、当時の建築ディテールはそのままに、舞踊・演劇作品の公演、映画上映、映画プレミアレッドカーペットイベントの場となっています。アールデコ様式のエントランス、曲線を描く片持ち梁のキャノピー、十二支で飾った丸屋根、舞台両側に置かれたペガサスと乗り手の彫像も、このシアターの自慢です。

ショッピングとエンターテインメントの拠点

キャピタル・ビル、キャピトル・シアターと隣接するスタンフォード・ハウス、キャピトル・センターの再開発を終え、この建築物群は、今では、ひとまとめに「キャピトル・シンガポール」と呼ばれるようになりました。

この複合施設には、小売部門「キャピトル・ピアッツァ」、超高級ホテル「ザ パティナ、キャピトル シンガポール」や、高級アパートメント「エデン・レジデンス・キャピトル」など、ライフスタイル、ショッピング、エンターテインメント施設が入っています。

かつてのキャピトル・ビルとスタンフォード・ハウスは保存され、現在は、「ノイエ」、「ガレリア」、「アーケード」の3つのセクションで構成される高級ショッピング&ライフスタイルモール「キャピトル・ピアッツァ」となっています。

旧キャピトル・センターは、現在は「ノイエ」となり、その4階建ての建物には、日本のファッションブランド「45R」、フィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」、マルチブランドブティック「マニフェスト」や「ジュリー・ニコル」といった新しいファッション&ビューティブランドが並んでいます。また、「マックス・タン」、「サブリナゴー」、「ザ・リックレス・ショップ」といったシンガポール出身の一流デザイナーの旗艦店も入っています。

「ガレリア」の旧キャピタル・ビル、キャピトル・シアター、スタンフォード・ハウスを結ぶ空調のきいたプロムナードには、バー、カフェ、レストランが輪を描くように軒を連ねています。1階「ジ・アーケード」には、オーストラリアのジュエリーブランドブティック「フリーフィリー」や、「プレップ・ラックス」、「トゥルフィット&ヒル」といったヘアサロンなどの路面店があります。

キャピトル・ピアッツァショッピングモールの地下通路は、シティホールMRT駅に直結しています。