Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポールの中心にはレストランやバーの集まるスポットがありますが、ここは、一般的なショッピングモールや改修されたショップハウスとは大きくかけ離れた存在です。

緑の芝生、大理石の滝、中庭、ネオクラシカル様式の建物が揃ったチャイムス(「CHIJMES」と書いて‘チャイムス’と発音)は、古き良き優雅な時代を思い起こさせてくれます。

そこは昔、学校とチャペルでした。

撮影者 Sanjay Kewlani – www.skewedeye.com

かつてカトリック系の女子校だったことを知れば、それも納得です。

チャイムスの始まりは、ジョージ・コールマン(George Coleman)が、上級判事の事務官の住居として設計したコールドウェル・ハウスという建物でした。ジョージ・コールマンは、旧国会議事堂の設計も手がけた植民地時代の有名な建築家です。

1853年、女子校建設のため、周囲の土地とともに、この地所をビュレル神父が買い取りました。

コールドウェル・ハウスの周囲には、徐々にほかの建物が建設されました。中でも注目すべきは、1904年に建てられたアングロフレンチゴシック様式のチャペルです。その精緻な作りの礼拝場は、シンガポールでも屈指の存在です。複雑な漆喰仕上げ、壁のフレスコ画、ベルギー産ステンドグラスの窓には、今も感嘆の声をあげるほかありません。

のどかなオアシス

撮影者 Sanjay Kewlani – www.skewedeye.com

ぜひチェックしたいのが、チャペルの各柱の柱頭です。柱1本1本に、南国の花や鳥が彫り込まれています。

この複合施設は、以前、孤児院としても使われていました。ビクトリア・ストリートに今も残る「ゲート・オブ・ホープ(希望の門)」は、修道女による世話を願って、望まれぬ赤ん坊が捨てられる場所でした。

今では、すてきなレストランやナイトライフを楽しめるスポットとなっているチャイムスですが、静謐と調和という雰囲気はそのままです。その雰囲気が、街の喧騒の真ん中でのどかなオアシスを育んでいます。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#chijmes インスタグラム

トリップアドバイザー