Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

ハジャ・ファティマ・モスクは、ヨーロッパ、マレー、中国の影響が融合した、興味をそそられる個性的な建物です。

女性の名を冠したモスクに遭遇することはそうありません。その名は、ある裕福な女性実業家にちなんで名づけられました。この女性が土地を寄進し、モスクが建設されたのは19世紀のことでした。

この場所には女性の自宅が建っていましたが、何度か強盗に襲われた上、火事にまで見舞われた後、女性は転居を決意。代わりにモスクが建設されました。

東洋と西洋の融合

無名の英国人が設計したハジャ・ファティマ・モスクは、ヨーロッパ、マレー、中国の影響が融合した、不思議な趣の建物です。

建立は1846年。擬宝珠型のドームをもち、清めの場は、マレー・ムスリムの伝統的な木彫りをあしらったマレーの家屋のようです。

ミナレットと手すり壁の窓や木造部の笠木には、中国産の陶器でできた瓦が使われていることにお気付きになるでしょう。

しかし、最も注目すべき点は、教会の尖塔に明らかに似ているミナレットです。3段になった八角形の双子の塔と細長い尖塔は、しばしば、初代セント・アンドリュース教会(現在は セント・アンドリュー大聖堂が代わりに建っています)と比較されました。

シンガポールの「ピサの斜塔」

ほかのヨーロッパ的要素としては、ミナレットのドリス式柱頭や、槍型の戸口、柱間、窓などが見られます。

年月を重ねるにつれて、土台が砂質のため、ミナレットがドーム側に傾き始めました。中心から約6度外れています。

傾斜の進行を止める保存工事が行われましたが、傾きは今も見ることができます。観光客にはシンガポールの「ピサの斜塔」という事で、喜ばれています。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー