Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

ガラス張りの円形の骨組みで構成されている、エスプラネード。その7,000枚を超える三角形のガラスは日よけになっています。

シンガポールには、人目を引く建物がいくつかあります。エスプラネードもその一つ。世界に誇るパフォーミングアーツセンターです。ガラス張りの円形の骨組みで構成され、その7,000枚を超える三角形のガラスは日よけになっています。

シンガポール市民から「"ドリアン"」と呼ばれているのは、その対の構造が、世界でもこの地域でしか採れないトゲトゲの南国の果物に似ているからです。

鼻にツンとくると言う人もいるほど強烈に匂うシンガポール国果についてと同様に、シンガポール人は皆、エスプラネードの大胆な設計に一言言いたげです。好き嫌いはともかく、このスポットはすでにこの国の代名詞。マリーナ・ベイ・サンズシンガポール・フライヤーのシンメトリーを、型破りなスタイルで補完する存在です。

エスプラネードは、建築的にも注目度が高く、この地域で最もよく利用されているパフォーミングアーツセンターの一つです。

撮影者 Andrew Tan

地元の一流事務所DP Architects(DPアーキテクツ)が設計を手掛けたこのセンターには座席数1,600席のコンサートホールがあり、シンガポール交響楽団など、国内、地域、海外の演奏家による演奏会が定期的に行われています。

シェイクスピアや現代舞踊を見たい気分のときは、コンサートホールの隣に座席数2,000席のシアターがあります。 リサイタル・スタジオ、シアター・スタジオ、アウトドア・シアターも併設しているほか、ビジュアルアート展覧会のスペースもあり、あらゆる催しに対応できるようになっています。劇場やコンサートに訪れる人々が立ち寄れるカフェ、レストランやショップには困らないというのも、この建築的魅力に溢れた施設が、当地で最もよく利用されるパフォーミングアーツセンターの一つになった理由です。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#esplanadesingapore インスタグラム

トリップアドバイザー