Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

マリーナ・バラージの屋上は、凧揚げや家族での憩いを楽しめることで人気のある緑地空間です。

太陽の下で学び、遊び、水辺で気晴らしーそのすべてを備えた充実のスポット、それがマリーナ・バラージです。

シンガポールでは、井堰(ダム)を人気レジャースポットにするのは、ごく当たり前のこと。幅350メートルのマリーナ運河河口に建てられたマリーナ・バラージは、シンガポール15番目の貯水池です。全国の水需要の約10パーセントを供給しています。 

貯水池の水面は年間を通して穏やかなので、カヤックや、チーム精神が求められるドラゴンボートレースなどのウォータースポーツに最適です。ウォータースポーツ派以外の方は、バラージの屋上へ行きましょう。凧揚げをする人に人気の芝生空間があります。家族で憩いのひとときを過ごすのもおすすめです。 

マリーナ・バラージは、シンガポール島の一部低平地を洪水から守るという重要な役割も果たしています。豪雨時には、ダムの9つの水門を開けて、過剰な雨水を干潮時の海に放出。満潮時には、1分間にオリンピックサイズのプールの水を汲み上げられる巨大ポンプを数台使って、雨水を海に放出します。 

シンガポール緑化政策の好見本でもあるマリーナ・バラージ。

撮影者 LH Wong via Foter.com

マリーナ・バラージは、シンガポール緑化政策の好見本でもあります。例えばソーラー・パークに設置されているソーラーパネルは、シンガポール最大規模のものです。400枚を超えるパネルが、バラージで日中の照明に必要な電気を供給しています。 

シンガポールの緑化政策について詳しく知りたい方は、サステナブル・シンガポール・ギャラリーに行きましょう。環境問題や水問題を体験型マルチメディアディスプレイ、展示、ゲームを通して説明しています。 

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgarchitecture インスタグラム

トリップアドバイザー