Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポールの華やかな歴史に触れることができる、シンガポール・チャイナタウン・ヘリテージ・センター。

もし、部屋の壁が話すことができれば、私たちに何を語りかけてくれるでしょうか。シンガポールの初期中国系移民の時代やその暮らしに端を発するチャイナタウン・ヘリテージ・センターでは、シンガポールの多彩な歴史を垣間見ることができます。

蘇る、いにしえの時

パゴダ・ストリート沿いに立つ、美しく改修された3軒のショップハウスに設けられているチャイナタウン・ヘリテージ・センターは、1950年代のチャイナタウン住民の住居を忠実に再現したものです。

港湾都市シンガポールの創成期、生計を立てることに必死だった頃の移住者の生活を、写真、エピソード、歴史的工芸品で偲ぶことができます。

苦労話

撮影者 Joel Chua DY

移民を意味する「新客(sinkheh)」は、故郷中国の各省からシンガポールに命懸けでやって来ました。見知らぬ国での新しい生活、愛する者たちとの別れは、とてつもない苦難を伴いました。

多くの人々が、窮屈な住まいでの酷い暮らしに耐えねばならず、その中で、かろうじて生計を立てる道を見いだしていきました。チャイナタウン・ヘリテージ・センター内に再現された廊下や狭い通路を歩けば、その実態を直に理解できるはずです。

あやしげな賭博場や恐ろしい秘密結社など滅多に見られない昔のシンガポールの暗黒面も見学することができます。

見学の後は、スーベニアショップでお土産を選びましょう。地元で人気の味など、いろいろな料理が楽しめる館内レストランで、一休みするのもおすすめです。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー