Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

2007年に建立された仏牙寺龍華院博物館は、歴史あるチャイナタウンに登場してまだ日の浅い観光スポットです。

撮影者 Gregory Williams (Kasei)

チャイナタウンにある仏牙寺龍華院博物館が建立されたのは2007年。つい先頃の話ですが、意匠を凝らした内装や仏教美術、仏教史を包括的に取り上げた展示は、数百年を超える文化を物語っています。仏教徒が左の犬歯と信じる聖遺物に似ていることから、その名称が付けられています。この仏牙は、インドのクシナガラで仏陀を荼毘に付した薪から拾われたもので、境内に展示されています。

入念な設計

この中国仏教寺院の建築様式は唐時代のもので、法照大和尚が国内外からの助言を得て構想・設計を行いました。建立費用は7500万シンガポールドル。唐王朝と仏教曼荼羅の要素をもとに、仏教の宇宙観を表現しています。

聖遺物と巨大仏舎利

3階にある仏教文化博物館には、仏陀の聖遺物(骨や舌など)が多数展示されています。また、4階の光宝殿には、寺院の仏牙舎利が安置されています。

仏牙が収められている重さ3500kgの巨大仏舎利塔には、320kgの金が使用され、そのうち234kgは信者からの寄付でした。この舎利殿に立ち入ることができるのは僧のみ。見学者は、一般公開されているエリアから拝むほかありません。

ほかに、諸山長老徳像記念館、カルチャーパフォーマンスやトーク、映画が上映される劇場なども見どころです。チャイナタウンの喧騒の真っ只中で、しばし沈思黙考の時間を過ごしたいときは、仏塔やマニ車が設置された静謐な屋上庭園がうってつけです。

仏教を知る

釈迦は、2560年以上昔に真実の悟りを得て、知恵と慈悲の境地に達していたと信じられています。今日、仏牙寺龍華院では、「仏教発見」というワークショップを通して釈迦の教えを伝えています。仏牙寺で暮らす高僧が主体となって行うこの参加型ワークショップでは、観光客が仏教に関する識見を深めることができます。

ワークショップ参加申込先は、電話 +65 6854 7022、または電子メールbuddhistculture@btrts.org.sgです。

寺院ツアー

拝観と毎週行われているガイドツアーは無料です。この寺のボランティアガイドによる各ツアーは、所要時間約2時間。仏牙寺龍華院博物館の各階と各殿舎を案内します。ガイド対象エリアは、100体の仏像を祀っている百龍殿、 手彫りの菩薩を展示している圓通殿など。

ツアー参加オンライン申し込みは、こちら

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー