Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

スリ・マリアマン寺院は、南インドのナーガッパッティナムやカダルール地方からの移民によって建てられたものです。

撮影者 Gildardo

賑やかなチャイナタウンには、スリ・マリアマン寺院というシンガポール最古のヒンズー教寺院があります。

1827年に遡る歴史をもつこの寺院は、昔はマリアマン・コヴィルまたはクリング・ストリート寺院として知られていました。南インドのナーガッパッティナムやカダルール地方からの移民によって建てられたものです。

スリ・マリアマン寺院は、不調や病気を治す力で知られる女神マリアマンを祀った寺院です。

多彩な活動

現在はナショナル・モニュメント指定されている、現存する建築物の大部分は、インド人の職人たちが1862~63年に建てたものです。

植民地時代、この寺院は、礼拝の場としてだけでなく、地域社会活動のための重要な場所でもありました。ヒンズー教の結婚登記所でもあり、当時は、ヒンズー教徒の結婚式を挙げることができる唯一の寺院でした。

度重なる修復を経ており、ごく最近では2010年にも修復が行われています。この$400万をかけた修復プロジェクトには、インドから約20名の職人チームを呼び寄せました。この中には、神様の石像すべてを塗り替える職人も含まれています。

極彩色のランドマーク

この寺院で注目したいのは、凝った装飾や緻密なディテール。威厳のある「ゴプラム」(大塔門)は特に、多くのヒンズー教徒の礼拝者やシンガポール人にとって象徴的な意味をもつ場所となっています。

神々の石像や聖獣、ほかの人物像で飾り立てられた6層のゴプラム。イギリス領インド帝国軍に伝わるカーキ色の制服に身を包んだインド人兵士が、目に留まるでしょうか。

10月、11月にこの寺院を訪れたら、ティミティ(火渡りの祭り)を見学しましょう。この寺院で年に1度開催される一番のお祭りです。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgheritage インスタグラム

トリップアドバイザー