Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポール切手博物館に展示されている郵便切手は、歴史、文化、科学、技術のさまざまな側面を伝えてくれる存在です。

撮影者 Joel Chua DY

郵便料金前払いという役割をもつ切手は、手紙を送る安価な手段であり、「マスコミュニケーション」手段の下地を作った、19世紀で最も重要な発明の一つといってもいいでしょう。この郵便切手という小さな紙切れは、一国の重要な出来事や歴史、文化を描いた細密画。昔日や日常生活の記録なのです。世界の歴史の中で、郵便切手は、人気の高い収集品の一つになりました。

シンガポール切手博物館は、シンガポール国内外の1830年代から現在までの郵便切手や関連資料を展示する博物館です。色とりどり、こじんまりした参加型展示で並んでいる細密画は、郵便切手という形で、歴史、文化、科学、技術という様々な側面からシンガポールや世界各地のことを教えてくれる「窓」です。

シンガポール切手博物館には、シンガポールで唯一、現役で使われている植民地時代の郵便ポストもあります。

撮影者 Joel Chua DY

常設展では、世界初の切手や、1830年代から独立後までの初期シンガポールの最も包括的で質の高いコレクションも見学できます。注目の展示品は、海峡植民地で使用されていた1854年のインドの切手一式。知られている限り、フルセットで揃っているのは、世界で唯一この博物館だけです。

もちろん、見学だけでは終わりません。博物館の由緒あるコロニアル様式の建物の外に立っているのは、シンガポールで唯一現役の植民地時代の郵便ポスト。この博物館は、切手を購入し、手紙を投函できる郵便局の支局でもあるのです。博物館では、自分だけの切手を作ることもできます。

この機会に、ペンと便箋を手に取り、大切な方に手紙をしたためてみませんか。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sghistory インスタグラム

トリップアドバイザー