Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

第二次大戦中に生まれた、人々の心を引きつけて止まない英雄的エピソードを紹介しているブキ・チャンドゥ回想館。

緑生い茂るジャングルの中に佇むヘリテージセンターは、修復された白と黒のコロニアル様式のバンガローです。

マレー連隊1,400名の勇敢な兵士が、13,000人を擁する優勢な日本軍に最後の抵抗をして勇ましく散ったパシ・パンジャンの戦いの戦闘地から、目と鼻の先にあります。

死闘
マレー連隊1,400名の勇敢な兵士たちが、13,000人を擁する優勢な日本軍に最後の抵抗をして勇ましく散ったという逸話に、思いを馳せる地。

撮影者 Reflections at Bukit Chandu

シンガポールの戦いが行われていた1942年2月14日、ブキ・チャンドゥ(マレー語で「アヘンの丘」)としても知られているこの地で、激戦が繰り広げられました。

アドナン・サイディ(Adnan Saidi)少尉率いる第1マレー歩兵旅団"C"中隊は、劣勢を極めるも一歩も引かず、死闘を繰り広げました。

たった一人生き残ったマレー連隊のヤーコ(Yaako)伍長は、死んだふりをして日本軍の手を逃れました。

その勇敢な戦い振りに、アドナン少将は死後に英国政府より表彰を受け、アドナン少将が率いた勇敢な連隊は、シンガポールを守った者たちとして人々に記憶されています。

兵士たちの勇敢さを偲ぶ
歴史資産や参加型展示で過去を振り返る、ブキ・チャンドゥ回想館。

撮影者 Reflections at Bukit Chandu

館内や、葉の生い茂る敷地内をじっくり見学しましょう。

歴史資産や参加型の展示で、マレー連隊第一歩兵旅団の勇気やシンガポールの戦歴にまつわる興味深いエピシードを紹介しています。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sghistory インスタグラム

トリップアドバイザー