Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

スン・ヤット・セン(孫文)南洋記念館は、20世紀初頭の孫文について、そしてシンガポールと孫文の関わりについて興味をもつ人なら絶対に見逃せない博物館です。

英雄崇拝
辛亥革命(1911年)の指導者であった、中国と東南アジアの歴史の中心人物について、理解を深めましょう。

撮影者 Kany (kany1120)

コロニアル様式の2階建て邸宅を利用し、最近改装されたばかりの博物館は、辛亥革命(1911年)指導者であり、中国と東南アジアの歴史の中心人物だった孫文を称えるものです。

中国同盟会の拠点でもあったこの博物館では、孫文の著作物や、革命の時期に東南アジアの中国人コミュニティに与えた影響に的を絞った展示を行っています。

中国同盟会は、東南アジア全域で大きな影響力をもっていました。清朝支配終焉への道筋を付けたのも中国同盟会です。

親交
スン・ヤット・セン(孫文)南洋記念館では、無料ガイドツアーを毎日開催。

体験型パネルやマルチメディア展示が豊富に用意されている5つのギャラリーをじっくり見学しましょう。古い写真、私物、著名なコミュニティ指導者からの書簡から、孫文との関係を垣間見ることができます。

ほかのギャラリーには、革命の宣伝活動、孫文の書斎を再現したものや、風刺画まで展示されています。また、革命の影響や、中国の学校、文学、印刷媒体、経済活動の隆盛についても考察されています。

毎日開催されている無料ガイドツアーへの参加をおすすめします。博物館見学の後は、中山公園の美しい庭や、バレスティア地区を散策したり、屋台やレストランで絶品の地元料理を楽しむのもおすすめです。

ご注意:常設展の一部は、拡張工事のため2014年10月1日まで閉鎖されています。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sghistory インスタグラム

トリップアドバイザー