Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

「ジャイアントパンダの森」のカイカイとジァジァが暮らすパンダ舎内で、パンダに会う前に可愛いレッサーパンダに会い行きましょう。

赤茶色の毛皮とキツネのような顔立ちは、有名なつがいのパンダと同じくらい愛嬌たっぷり。訪れる人の人気を集めています。

世界の川巡り

パンダマニアは別にして、シンガポール動物園と ナイトサファリに隣接した、アジア初にして唯一「川」をテーマにした野生動物公園には、多種多様な動物がいます。

シンガポールで一番新しい野生動物公園として、絶滅危惧種40種を含めて6000匹を超える動物が暮らしているほか、世界最大の淡水水族館も併設しています。

大河ミシシッピから感動の長江まで、世界の河川を巡り歩きましょう。

世界最大の両生類チュウゴクオオサンショウウオや、絶滅の危機に瀕しているメコンオオナマズなど、体長2メートルほどに成長することもある巨大生物は、驚嘆の一言です。

大接近

「ワイルド・アマゾニア」を歩き、アマゾン・リバー・クエストに、いざ出帆。10分間の気楽な船旅では、ジャガーやタテガミオオカミといった、世界最大の熱帯雨林に生息する、すごい動物たちと出会えます。

「リスザルの森」に足を踏み入れたら、南国の小屋を自由に歩き回る住人たちに挨拶をしましょう。人間の頭上をぴょんぴょんと飛び跳ねていくリスザルたちには、要注意。

次は、「アマゾンの浸水林」で、畏怖の念を感じながら、途方もなく大きな水槽を静かに泳ぎ回る巨大マナティを見学しましょう。

リバーサファリ・シンガポールは、子供も、子供心を忘れない大人も、絶対に訪れたいスポットです。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#riversafari インスタグラム

トリップアドバイザー