Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

外洋の環境を再現したシー・アクアリウムの「オープン・オーシャン」ビューイングパネルは、幅36メートル、高さ8.3メートルと世界最大。

海の世界を覗いてみよう
50,000匹以上の海洋生物の生態を垣間見られる、シー・アクアリウム。

撮影者 Choo Yut Shing

シー・アクアリウム™では、イタチザメ、タマカイ、オニイトマキエイの群れなど100,000匹を超える数の生物を観察できます。

水槽を泳ぐ生き物たちを見つめていると、どちらがどちらを観察しているのか分からなくなりそうです。海の生き物たちは、水槽の向こう側から、「二本足の哺乳類」であるヒトを見つめているのかもしれません。

どっちがどっちを見ていようとも、リゾート・ワールド・セントーサの水族館は、我を忘れてしまうような魅惑の海の世界。800種100,000匹を超える海洋生物が4500万リットルの水の中を泳いでいます。

海の中の暮らし
危険なサメから絶滅危惧種まで、シンガポールのシー・アクアリウムは、ほかのどことも違う、誰もが夢中になれる水族館です。

撮影者 Lukasz Kasperek, ポーランド

海洋生物は、10のゾーン、49の生息環境に分類されています。ベンガル湾、マラッカ海峡、アンダマン海、東アフリカ大湖沼群の魚や、サンゴ礁の海中のコミュニティ、冷たい海の海洋生物は必見です。

「シャーク・シー」には、アカシュモクザメや攻撃的なツマジロなど、絶滅危惧種を含め200種を超える捕食者がいます。

これらもさることながら、一番の注目は、洞窟だらけの海底にいる気分になれる「オープン・オーシャン」の巨大水槽。

たくさんの人がその場に座り、1本の継ぎ目もないガラスパネル越しに広がる大きな海の景色を眺めています。あなたもきっと、そうするでしょう。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#rwsentosa インスタグラム

トリップアドバイザー