Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポール植物園の歴史は、シンガポールという国と同じくらいの時期に始まります。

庭園都市シンガポールの評判の証したるシンガポール植物園は、シンガポール初のユネスコ世界遺産で、カンボジアのアンコールワットや中国の万里の長城といった代表的ランドマークと肩を並べています。

1859年にアグリホートカルチュラル・ソサエティによって、約24万平方メートルの閉鎖されたプランテーションが、憩いの場として人気の庭園に生まれ変わりました。

ジョギング、ピクニックや、憩いのひとときを過ごす場所として人気の高い娯楽スポットですが、それと同時に、この広大な土地は重要な植物園芸研究センターでもあります。

見どころの一つが、世界最大のランの展示と賞賛されている国立蘭園です。60,000種以上の植物やランが栽培されています。

また、SBGヘリテージ博物館には、インタラクティブなマルチメディアを使用した展示やパネルを備え、植物園の豊かな遺産について詳しく紹介しています。また、CDLグリーンギャラリーでは、植物や環境に関する展示を見学できます。

子供たちが楽しく過ごせるジェイコブ・バラス・チルドレンズ・ガーデンでは、植物に関するすべてを遊びながら学べます。この植物園を訪れ、太陽の下で1日を過ごした人々を潤し、満たしてくれるレストランやカフェもたくさんあります。

コンクリートジャングルに戻る準備ができたら、数分とかからない場所にある オーチャード・ロード ショッピング地区に向かいましょう。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#botanicgardensingapore インスタグラム

トリップアドバイザー