Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

スンガイ・ブロー湿地保護区で、寒さから逃れて温暖な気候のオーストラリアに向かう途中の渡り鳥を観察。

スンガイ・ブロー湿地は、自然愛好家にとって夢のような場所です。この87ヘクタールに広がる環境保護区では、寒さから逃れて温暖な気候のオーストラリアに向かう途中の渡り鳥を見られます。こうした渡り鳥の中には、はるか遠くシベリアから渡ってきた鳥もいます。

保護区内に点在する観察ポストから、いたるところで自然の生息環境で暮らすカニ、トビハゼ、アナジャコを観察することができます。

スンガイ・ブロー湿地保護区は、シンガポール初のアセアン・ヘリテージ・パークです。

スンガイ・ブロー湿地保護区が世界に誇るエコツーリズム・スポットであることを初めて見いだしたのは、1986年、マレーシア自然協会のバードウォッチンググループでした。

3年後の1989年に政府から自然公園の指定を受け、1993年に正式に公開されました。この湿地を正しく体験するために、無料ガイドツアーに参加することができます。また、アートクラスやエビ養殖デモなどのアクティビティに参加すれば、充実した一日を過ごせます。

シンガポールのコンクリートジャングルから逃れて休息を取りたいときは、シンガポール北東部にある、この貴重な保護区に行き、新鮮な空気を吸いましょう。

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#sgnature インスタグラム

トリップアドバイザー