Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

ジョー・チャット/カトン地区のアイデンティティを特に形作ったのは、戦前に建てられた独自の建築物です。

昔はヤシのプランテーションがたくさんあり、都会暮らしの裕福な人たちが週末休暇を過ごす場所だったカトンが、開発されて郊外住宅地になったのは、20世紀初頭のことです。プラナカンユーラシアンなど、英語教育を受けた中産階級が、ここに住むようになりました。 

近隣のジョー・チャット地区は、20世紀初頭の裕福な中国人地主チュウ・ジョー・チャットにちなんで名付けられました。このエリアの個性を特に形作ったのは、華やかな色の2階建てのショップハウスや、ファサードに凝った装飾を施したテラスハウス、複雑なモチーフや陶磁器タイルで彩られた、戦後の個性的な建物です。

プランテーションはそれ以来姿を消しましたが、この賑やかな地区には、保存状態の良いプラナカンショップハウスがたくさんあり、コロニアル様式のバンガローが点在しています。市中心部からこの地区までは、車でわずか10分です。

美食天国を求める多くのシンガポール人から深く愛されている場所でもある、ジョー・チャット/カトン地区。

ジョー・チャット/カトン地区は、シンガポール屈指のグルメスポットとしても、多くのシンガポール人から深く愛されています。料理の選択肢は無限です。名だたるカトン‘ラクサ’、‘クエチャン(ちまき)’などのニョニャ料理を出す昔懐かしいコーヒーショップと隣り合う素敵なカフェを巡ってみてはいかが?

ショッピングを楽しみたいなら、伝統的なニョニャの服――「ケバヤ」や「サロン」、ビーズ飾りのスリッパやアクセサリーがおすすめです。プラナカンの陶磁器や手工芸品を扱っている小さな店をゆっくり見て歩くのもおすすめです。

ジョー・チャット/カトン地区の良さを存分に味わうには、2~3時間の観光では足りません。この地区のホテルに滞在して、ゆっくりのんびり過ごさない手はありません。修復が済んだプラナカン風の装飾がほどこされたホテルや、利用しやすい値段のホテルが揃っています。

見逃せない体験

観光&体験

ザ・インタンはプラナカンの個性豊かな文化を称えるために建てられた私設のホームミュージアムです。

 

カトン地区の中心に建つユーラシアン・ヘリテージ・センターには、ユーラシアンコミュニティの芸術品が展示されています。

食べる

「328カトン・ラクサ(328 Katong Laksa)」で、「ラクサ」(スパイシーなココナッツベースのスープ麺)に挑戦しましょう。日本では味わえない味です。

ユーラシア人の血を引く「スキニーシェフ」クエンティンが、クエンティンズ・ユーラシアン・レストランで、何代にも引き継がれてきたレシピを使用して、本格的な伝統料理の数々を振る舞ってくれます。

買う

地元でも残り少なくなった昔ながらの籐家具店、テオン・テン籐家具は、この地域に暮らす一家の名前です。

おびただしい本に埋め尽くされた店内に分け入り、きしむ床を踏みしめれば、大昔に迷い込んだよう。キャット・ソクラテスでは看板猫のズーズーが眠たげに迎えてくれることでしょう。

持ち帰る

ニョニャのちまきや、ビーズ飾りの靴などのプラナカンの手工芸品は、「キム・チュウ・クエ・チャン(Kim Choo Kueh Chang)」に揃っています。

宿泊

昔と今が融合した、古風で趣のあるホテル・インディゴで地元のプラナカン文化をたっぷりと満喫しましょう。

ヘルプが必要ですか?
Find out more about the city, buy tickets, book tours or pick up souvenirs at our Singapore tourism centres.

シンガポールの街中にあるシンガポール・ビジターセンターへぜひお立ち寄りください。シンガポールの観光案内や各種チケットの購入、観光ツアーの申し込み、お土産のお買い物など、シンガポール観光をお手伝いします。 探る

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#katong インスタグラム

トリップアドバイザー