Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポール川沿いを散歩して、シンガポールの過去と現在を物語る彫像を見つけましょう。

シンガポール沿いのラッフルズ卿上陸地点は、スタンフォード・ラッフルズ卿が1819年、シンガポール島に初めて上陸した場所です。

想像してみてください――ラッフルズ卿の目には何が映ったでしょうか? 理想的な川岸は、貿易の前哨基地として十分な深さ。その発見が、近代シンガポールの誕生をもたらしました。

貿易の中心地
クラーク・キーやボート・キーは、1杯のドリンクで涼をとり、絶品料理に舌鼓を打てる場所。

撮影者 Edward Tian

初期の頃、ボート・キーの倉庫やショップハウスにたどり着くには、すべての船がシンガポール川を通過しなくてはなりませんでした。貿易が盛んになると、クラーク・キーやロバートソン・キーなど、ほかの埠頭も造成されました。

この川が使われていたのは、1970年代までのことです。その頃、海運業が移転し、シンガポール川は変身を遂げます。

当時の面影を辿りたいときは、リバー・タクシーやクルーズに乗り、当時のほこりっぽい川岸やクーリー(苦力と呼ばれる人夫)、船頭を想像してみましょう。

ウォーターフロント

現在では、川沿いに点在する人気スポットで肉体仕事の需要はありません。

ボート・キーでは、1杯のドリンクで涼をとり、絶品料理に舌鼓を打つことができます。

もっと興奮できるエンターテイメントを楽しみたいときは、クラーク・キーで踊り明かしましょう。かつて倉庫だった場所が、今では流行のナイトスポットになっています。

郷愁に耽りたいなら、見事な改修を経て水上レストランになった、停泊中のチャイニーズ・ジャンク(「トンカン」)に立ち寄ってはいかがでしょうか。

ロバートソン・キーの元倉庫は、のんびりとした雰囲気が魅力のスポット。朝のコーヒーを楽しむのにぴったりです。

シンガポール川沿いを散歩して、シンガポールの過去と現在を物語る彫像を見つけましょう。

見逃せない体験

観光&体験

シンガポール・パブ・クロール(Singapore Pub Crawl)に参加すれば、地元のガイドがこの街最高のパーティスポットやバーへご案内します。

シンガポール川クルーズで、有名なバムボートに乗ってこの街の商業港としての歴史をもっと詳しく学びましょう。

食べる

マクゲッティガンズ・クラーク・キー(McGettingan’s Clarke Quay)で、アイルランド料理と完璧な注ぎ方で出されるビールを楽しみながら、お気に入りのチームに乾杯して盛り上がりましょう。

マイ・リトル・スパニッシュ・プレイスは心地よい隠れた名店レストラン。ここでは、「mesón」(田舎の宿屋風)のスペイン料理を堪能できます。

買う

多くのブランドが集まるナイス(Naiise)では、地元や海外のデザイナーが手掛けた、可愛くてちょっと変わったライフスタイル用品が目白押し。

アクセサリーやハンドバッグからぜいたくな肌触りのシルクを使った寝具まで、シルク・パレスには何でも揃っています。

持ち帰る

ライフスタイルストアのシンパーク(Shinnpark)には、誰にも喜ばれるギフトや素敵なグッズが色鮮やかに揃っています。

宿泊

街の中心に位置するホリデイ・イン・アトリウム・シンガポールで、リバーサイドの景色と新しくリニューアルされた客室でのステイをお楽しみください。

ヘルプが必要ですか?
Find out more about the city, buy tickets, book tours or pick up souvenirs at our Singapore tourism centres.

シンガポールの街中にあるシンガポール・ビジターセンターへぜひお立ち寄りください。シンガポールの観光案内や各種チケットの購入、観光ツアーの申し込み、お土産のお買い物など、シンガポール観光をお手伝いします。 探る

周辺地域

旅行者の体験

旅の体験をシェアする。または、ほかの人のコメントを見る。

#singaporeriver インスタグラム

トリップアドバイザー