Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

1日目

シンガポール国立博物館
1 シンガポール国立博物館

国内最古の博物館です。見どころは、700年にわたるシンガポール人の歴史を探る展示。館内には、13世紀に遡るほど古いシンガポール・ストーンや、1928年にフォート・カニングで出土した金の装飾品など、12の国宝も収められています。

シンガポール美術館
2 シンガポール美術館

19世紀に建てられたミッションスクール「セント・ジョセフ・インスティチューション」を改装して利用しているシンガポール美術館。1996年の開館以来、東南アジアの現代美術作品の世界最大級パブリックコレクションを有し、約7,000点の美術品を所蔵しています。

サブステーション
3 サブステーション

写真から油絵、インスタレーション作品まで、幅広い現代作品を展示している独立系総合アートスペースです。シアターでは、パフォーマンスアート公演やライブ音楽演奏も行っています。

2日目

アートサイエンス・ミュージアム
4 マリーナ・ベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアム

蓮の花に着想を得た近未来的なアートサイエンス・ミュージアムは、イスラエル人建築家モシェ・サフディによる驚嘆の建築物です。ギャラリーは主要な国際巡回展を専門とし、『Dinosaurs: Dawn to Extinction(恐竜:絶滅の始まり)』や、『Annie Leibovitz: A Photographer's Life 1990-2005(アニー・リーボヴィッツ:ある写真家の生涯1990年~2005年)』などの展示を行いました。

アジア文明博物館
5 アジア文明博物館

アジア全域の文化と文明を大局的にとらえた膨大な発掘資料のコレクションを誇る博物館です。シンガポール・リバー・ギャラリーをお見逃しなく。川沿いで暮らし、働いていた初期移民のエピソードが紹介されています。

シンガポール・タイラー・プリント・インスティテュート
6 シンガポール・タイラー・プリント・インスティテュート

19世紀の倉庫を改装して利用している、アジア最大級の版画ワークショップです。季節展を開催しているほか、世界中のアーティストの版画の販売も行っています。

ギルマン・バラックス
7 ギルマン・バラックス

旧植民地軍兵営だった場所に、サンダラム・タゴール・ギャラリー、マイケル・ジャンセン・ギャラリー、パール・ラム・ギャラリーズなど、11のアートギャラリーが集まっています。コンテンポラリーアートに関する調査・公開・学習の拠点となっているセンター・フォー・コンテンポラリー・アート(現代アートセンター)も、足を運ぶ価値があります。