Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

1日目

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
1 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

自然愛好家が楽しめるアクティビティが満載、神々しさすら感じる101ヘクタールの緑地帯です。ベイ・サウス・ガーデンのハイライトは、100,000種もの植物を育てている2つのドーム(クラウド・フォレストフラワー・ドーム)と、高さ50メートルに及ぶ人工樹 スーパーツリーです。お見逃しなく。

シンガポール植物園
2 シンガポール植物園

美しく手入れされた広大なシンガポール植物園は、憩いの公園というレベルを超えた存在です。シンガポール初のユネスコ世界文化遺産として、世界有数の熱帯ランのコレクションをはじめ、希少植物を幅広く収集しているほか、ここには最も古い原生熱帯雨林が残っています。

2日目

ラブラドール自然保護区
3 ラブラドール自然保護区

この自然保護区は、植物と動物の楽園です。巨大オオトカゲや美しいフィッシュ・ポイズン・ツリーなどが生息しています。トレッキング好きの方は、シンガポールの海事や戦争史におけるラブラドール・パークの役割に焦点を当てたヘリテージ・トレイルもおすすめです。

サザン・リッジーズ
4 サザン・リッジーズ

この景色のきれいな10kmのルートは、ホート・パーク、ケント・リッジ・パーク、マウント・フェーバー・パークなど、シンガポールを代表する緑豊かなスポットを結んでいます。マウント・フェーバー・パークから歩いてすぐの歩道橋ヘンダーソン・ウェーブでは、壮観な景色を楽しめます。ライトアップされている夜間の美しさは格別です。

3日目

チャンギ・ポイント・コースタル・ウォーク
5 チャンギ ボードウォーク

素朴なチャンギ・ビレッジは、シンガポール最東部に沿って進む遊歩道の出発点です。このルートの見所は、つややかな青色のリュウキュウツバメや、仏塔のような形をしたモモタマナなどが生息する海岸線の絶景です。釣りスポットとしても人気です。

パシ・リス・パーク
6 パシ・リス・パーク

生い茂るマングローブに囲まれ、生物の多様性を極めているコミュニティパークです。マングローブ・ボードウォークを散策しながら、ジャイアント・マッドスキッパーやアナジャコ、ウミヘビなど、マングローブを巣にする生物を間近で観察しましょう。特に満潮時には、ウナギやオオトカゲも観察できます。

ノース・イースタン・リバーライン・ループ
7 ノース・イースタン・リバーライン・ループ

4つの公園を結ぶ、26kmの道が途切れずに続く、風光明媚なルートです。まだまだ手つかずのシンガポール島北東地域にあります。ポンゴル・パークで自転車を借りて、このルートを爽快に走ることもできます。所要時間は、自転車で2~5時間ほど。