Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

1日目

シンガポール国立博物館
1 シンガポール国立博物館

シンガポールで最も歴史ある博物館。シンガポール・ストーンなど、10~14世紀に遡るこの国の貴重な歴史的遺産を所蔵しています。

プラナカン博物館
2 プラナカン博物館

魅力に満ちたプラナカン(海峡華人)の伝統を知るチャンスです。この混合文化は、中国とマレーの慣習や食、芸術、衣服などの融合から生まれました。

アート・ハウス
3 アーツ・ハウス

演劇や音楽を鑑賞できる、芸術の中心地です。鑑賞の後は、ライブミュージックバー「ティンバー」や、ブルースサロン「バーバーショップ」の冷たいビールで一服しませんか。

2日目

IONオーチャード
4 IONオーチャード

デザイナーブランドや高級ブランドが軒を連ねるこの巨大モールに行けば、いつもは心の内に秘めているショッピングの欲求に火が点くはず。ショッピングの後は、通りの向かいにある「タングス・オーチャード ビューティホール」へ向かいましょう。ありとあらゆる化粧品やスキンケア商品が揃っています。

ティオン・バル・マーケット
5 Tiong Bahru Market and Food Centre(ティオン・バル・マーケット&フード・センター)

焼き肉などのローカルフードを味わうなら、このマーケットに行きましょう。その後は、「ティオン・バル・ベーカリー」のフランスのペストリーで、甘いひとときをお楽しみください。週末にティオン・バルに行くなら、フア・ビーにある「ビンチョー 」でランチはいかがでしょう。日本風の焼き鳥居酒屋ですが、平日は麺料理の屋台としても営業しています。

マリーナ・ベイ・サンズ
6 マリーナ・ベイ・サンズ®

シンガポールで夜遊びを満喫するなら、この統合型リゾートがおすすめです。マリオ・バタリ(Mario Batali)シェフによる「ピッツェリア・モッツァ」など、いくつもある有名レストランでディナーを楽しみましょう。その後は、57階の「CÉ LA VI(セ・ラ・ビ)」でカクテルを片手に、天にも昇る最高のひとときを。

3日目

トリック・アイ・ミュージアム
7 トリック・アイ・ミュージアム

このギャラリーで、ドッキリの世界に浸りましょう。目の錯覚を利用した80点を超える作品が、壁から床から天井にまで展示されています。カメラもお忘れなく。幻想的な絵画やインスタレーションの前で記念撮影といきましょう。

マリン・ライフ・パーク
8 マリン・ライフ・パーク™

世界最大の海洋水族館は、絶対に見逃せません。10万匹を超える海洋生物が泳ぐS.E.A. Aquarium™(シー・アクアリウム)。その巨大ガラスパネルの向こうに広がる水中の様子は、忘れられない思い出になることでしょう。見学の後は、「ドルフィン・アイランド」でバンドウイルカとひと泳ぎ。スリル満点のアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク™には、大人も子供も楽しめるプールやスライダーがいっぱい。

アウリガ・スパ
9 AURIGA SPA

天然オーガニック製品を使用している超豪華なスパで、日頃の疲れを癒しましょう。健康と美に対するこのスパのアプローチは、月の満ち欠けに基づくという非常にユニークなもの。トリートメントには、シンガポールのマレーと中国の伝統から生みだされたものもあります。