Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

それは遥か昔のこと...

その昔、シンガポールは「海の街」として知られていました。

シンガポールが歴史上に初めて登場するのは3世紀のこと。それ以前のシンガポールは、歴史の深い霧に覆われています。当時の中国の文献では、シンガポールは「プ・ルオ・チュン(Pu-luo-chung)」つまり「半島の先端にある島」と呼ばれていました。後に、最初の入植が行われた西暦1298年から1299年の間、この都市は「テマセク」(海の街)として知られていました。

戦略的な場所に位置するこの小さな島は、14世紀に新しい名前を得ます。伝説によると、パレンバン(シュリーヴィジャヤ王国の首都)の王子、サン・ニラ・ウタマが狩に出かけた際、それまで見たことのない動物を目にします。それを幸運の知らせだと考えた王子は、その動物を見かけたこの場所を、サンスクリット語で「ライオンの街」を意味する「シンガプーラ」と名付けたということです。ちなみにサンスクリット語でライオンは「shimha」、街は「pura」と書きます。

その後、この街は5人の古代シンガプーラ王によって治められました。海洋航路が自然に交差するマレー半島の先端に位置するこの都市は、チャイニーズ・ジャンク(木造の帆掛け船)やアラブのダウ船(木造の縫合船)、ポルトガルの戦艦やブギス族のスクーナー船など、さまざまな船舶が往来する交易拠点として栄えました。

Discover more about Singapore's diverse melting pot of cultures and races.

多彩な表情

シンガポールの多種多様な文化と人種。これらが巧みに融合し、活気溢れる独自の文化を生み出しています。

シンガポール豆知識

シンガポール初の建築家、ジョージ・D・コールマンがシンガポールに到着したのは1822年のこと。彼が最初に手がけたプロジェクトはスタンフォード・ラッフルズ卿の邸宅でした。彼はまた、多くのパラディアン様式の住宅を建設しました。

ラッフルズの偉業

シンガポールは戦略的な地理条件に恵まれた、理想的な交易拠点。

近代のシンガポールが建国されたのは19世紀のこと。そこには、さまざまな政策と交易、そしてトーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿の尽力がありました。

この時代、大英帝国は自国の商船の貿易拠点として、またオランダによる侵攻を食い止めるために、この地域での寄航港の必要性を感じていました。この頃すでにシンガポールは将来有望なマラッカ海峡沿いの交易拠点となっており、理想的な条件が揃っていました。

1819年1月29日、当時スマトラ島にあるベンクーレン(現在のブンクル)の副総督であったラッフルズ卿がシンガポールに上陸します。彼は、湿地に覆われたこの島に計り知れない可能性を見出し、地元の支配者と条約を取り交わし、シンガポールを交易拠点として整備しました。その後まもなく、シンガポールは中継貿易の拠点として急速な成長を遂げ、中国やインド、マレー半島をはじめ、さらに遠方の国々から多くの移住者が入植しました。

1822年、ラッフルズ卿は、無秩序に拡大し続けるこの都市の問題を解決するため、「ラッフルズタウン・プラン」を打ち出します。「ジャクソン・プラン」としても知られるこの計画で、民族グループ別に、4つの居住エリアが建設されました。ヨーロッパ・タウンは、ヨーロッパの貿易商人とユーラシア人、そして富裕層のアジア人の居住地区。中国系の人々は現在のチャイナタウンシンガポール川の南東部へ。インド系の人々は、チャイナタウン北部のチュリア・カンポン。そしてイスラム教徒、マレー系とアラブ系の移住者はカンポン・グラムへ、それぞれ移り住みました。シンガポールは貿易拠点として発展を続け、主要な銀行や商業協会、そして商工会議所が設立されました。そして1924年、シンガポール北部とマレーシアのジョホール・バルを結ぶ道路「コーズウェイ」が開通されました。

戦争と平和

1942年、連合国軍の降伏

繁栄を続けていたシンガポールは、第二次世界大戦中の1941年12月8日、日本軍の攻撃により大きな打撃を受けました。南の海からの攻撃を予期していた英国軍の司令官は、北部から侵攻してきた日本軍に意表を突かれます。そして1942年2月15日の中国正月、連合国軍は戦力の数で勝っていたにもかかわらず、日本に降伏。英国軍の率いる軍隊が味わった史上最大の敗北となりました。一度は難攻不落の要塞と称されたシンガポールは、「昭南島(しょうなんとう)」と改名されました。

日本が降伏した1945年、シンガポールは英国軍の管轄下に移され、ペナン、マラッカ、シンガポールからなる海峡植民地が解体されるまでその統治が続きました。そして1946年4月、シンガポールは英国王領植民地となりました。

独立への道

シンガポールは現代に至るまで長い道のりを歩んできました。

1959年、独立主義運動が広がる中、シンガポールはついに自治領となり、同年、初の総選挙が行われます。人民行動党(People’s Action Party 、PAP)は43議席と過半数を獲得し、リー・クアンユー(Lee Kuan Yew)がシンガポールの初代首相に就任。

1963年には、マラヤ連邦は、ボルネオ島のサバ・サラワク両州と合併し、マレーシア連邦を形成しました。相互の緊密なつながりを目指した合併でしたが、結果的に不成功におわり、その後2年も経たない1965年8月9日に、シンガポールはマレーシア連邦を脱退して独立。主権民主国家となりました。

今日、シンガポールの街のいたるところに、この国ならではの多様性に富んだ文化と、植民地時代や戦争時代の面影が数多く残されています。歴史的建造物や美術館、記念碑を訪れたり、シンガポールの歴史的遺産を探訪しながら、ひとときのタイムトラベルをご堪能ください。