Cookieを有効にすると当サイトアクセス時の利便性が向上し、利用者の使用言語などの情報を記録できるため、スムーズに閲覧できるようになります。 OK

新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

中国系

中国系はシンガポールで最大の民族グループです。

中国系はシンガポールで最大の民族グループで、国の人口のほぼ4分の3を構成しています。当然ながら、言語、食べ物やエンターテイメント、各種祭典などに見られるように、中国文化はシンガポールの大きな特徴となっています。

中国系の人々の大半は、福建省や広東省などの中国南部から渡って来ました。福建語および潮州語を話す人口が最も多く、次に多いのは広東語、海南語およびその他の言語を話す小規模の集団です。

リー・キップ・リン(Lee Kip Lin)と国立図書館理事会 シンガポールに住む中国系の多くは中国南部の省からの移民です。

多くの人々は自国の厳しい環境から逃れてシンガポールに到着し、クーリーと呼ばれる労働者になりました。また、お金を稼ぐ才能を発揮した人々もおり、この街の著名な企業家の多くは中国系の子孫でした。今日では、中国系シンガポール人は、政界、財界、スポーツ界、エンターテイメント業界など、社会の様々な分野で活躍しています。

彼らの伝統文化は現地のその他民族や西洋の影響と融合し続けていますが、今でも中国正月の祝祭は活気にあふれ、伝統的な中国らしさをにぎやかに伝えています。

関連エピソード

ユーラシアン

シンガポールのユーラシアンは、東西の文化が融合するこの街の活気あふれる魅力を象徴しています。

小規模ながら大きな影響力を持つシンガポールのユーラシアンコミュニティには、東西の文化が融合するこの国の魅力が凝縮されています。この民族グループはヨーロッパ人とアジア人の混血で、19世紀初頭からシンガポールで暮らし始めました。

大半のシンガポール在住ユーラシアンの祖先は、ヨーロッパ側ではポルトガル系、オランダ系、またはイギリス系、アジア側では中国系、マレー系、またはインド系に遡ることができます。

1819年に英国がシンガポールを建国して数年後に、初のユーラシアンがやって来ました。彼らの主な出身地はペナンとマラッカでした。植民地時代には、ユーラシアンの多くは官公庁、ヨーロッパ系銀行や商社の従業員として雇用されていました。女性は主に教師や看護師として働いていました。

英国がシンガポールを建国して数年後に、初のユーラシアンがやって来ました。

現在シンガポールには約15,000~30,000人のユーラシアンが暮らしていますが、その総人口に対する割合は1%未満です。しかし、ユーラシアンはシンガポールのメディアおよびエンターテイメント業界で活躍しています。

ユーラシアンは英語を第一言語としていますが、古い世代のポルトガル人の子孫達の一部は今でもポルトガル語の一種であるクリスタン語を話します。

また、ユーラシアンには独自の伝統料理もあり、カレー風味のムルグタワニ・スープ、シェパーズ・パイ、セモリナで作るスギーケーキなどが代表的です。

関連エピソード

インド系

© Singapore Press Holdings Limited. 許可を得て複製。 インド文化はシンガポールの多民族社会を鮮やかに彩っています。

インド系の人々は、シンガポールで3番目に大きな民族グループで、彼らのコミュニティはインド国外においてインド人が最も多く住む場所の一つとなっています。

彼らの多くは、1819年にイギリス人がシンガポールに移住した後にインド南部からやって来ました。今日では、この国のインド系住民のほぼ60%がタミル族を祖先としています。また、シンガポールのインド系民族の半数以上はヒンズー教徒です。

優れたビジネスの才能で知られるインド系の人々の多くはシンガポールで起業し、布地から宝石まであらゆる商品を売買しています。現在、インド系の人々は政界や専門家の分野でも活躍しています。

シンガポールのインド系コミュニティは、インド国外においてインド人が最も多く住む場所の一つとなっています。

シンガポールで暮らすインド系の人々について話すには、その食文化の話題を避けて通ることができません。トーセ(美味しいパンケーキ)やバダイ(インドのフリッター)などの人気メニューがあるインド系の料理は、シンガポールの多彩なグルメシーンのスパイスになっています。

この国のインド系のフェスティバルは陽気でカラフルです。光の祭典ディパバリは、インド系の主要な祝祭です。また、お清めのために信者が自分に針金を突き刺すタイプサムの祭は、非常に興味深いものです。

関連エピソード

マレー系

シンガポールのマレー系の人々は、非常に結束の強いコミュニティの一員です。

シンガポールの先住民であるマレー系は、この国で二番目に大きい民族グループです。このため、彼らの文化は後から到着したその他の民族に影響を与えています。

元々シンガポールのマレー系の人々は、インドネシアのジャワ島やバウェアン島、およびマレー半島などの周辺地域の出身です。

この国の住民が話すマレー語は、インドネシアよりもマレー半島で話されている言葉に近いものになっています。

シンガポールで最も古くから暮らしている移住者はマレー系の人々だと言われています。

ナシレマ(ココナッツミルクとパンダンの葉で炊いた香り高いご飯)やミーロブス(スパイシーなスープで食べる黄色い麺)などで知られる彼らの料理は地元の人々の間でも圧倒的な人気を博し、シンガポールで有名なストリートフードの定番になっています。

マレー系の人々の大半はイスラム教徒で、ハリ・ラヤ・プアサやハリ・ラヤ・ハジなどの主な祝祭では、自分たちの文化や宗教をカラフルに祝う、この結束の強いコミュニティの姿を見ることができます。

関連エピソード

プラナカン

シンガポールのプラナカンの文化には、この地域の様々な文化が見事に融合しています。

スパイスが効いたマレー系の味覚の影響を受けたプラナカン料理は、この民族グループの最たる特徴だと言えるでしょう。

プラナカンの文化には、この地域の様々な文化が見事に融合されています。「プラナカン」という言葉は、中国系またはインド系の男性と、現地のマレー系またはインドネシア系の女性との婚姻による子孫を指し、彼らは東南アジア各地で暮らしています。

シンガポールの中国系プラナカン(海峡華人)の起源は、15世紀のマラッカに遡ることができます。当時のマラッカで暮らした彼らの祖先は、現地のマレー系女性と結婚した中国人貿易商人でした。

また、チティ・メラカ(インド系プラナカン)は、南インドのヒンズー教徒の商人と現地の女性との婚姻による子孫であり、ジャウィ・プラナカンの祖先は南インドのイスラム教徒の貿易商人と現地のコミュニティの女性との婚姻で生まれた人々に遡ることができます。

初期のプラナカンの多くは貿易商人や店主で、他では不動産業、輸送業、銀行業に携わる人々もいました。

海峡華人の多くは幅広い中国人コミュニティに同化していますが、特に食や伝統衣装に見られるように、現在でも独特の文化的特性を維持しています。

ニョニャ料理は、それを調理する「ニョニャ」と呼ばれる女性たちにちなんで名づけられました。マレー系やインドネシア系からの影響が強いのが特徴で、スパイスやココナッツミルクを使用します。

ニョニャ・ケバヤとして知られるプラナカンの女性の伝統的な衣装は、繊細に施された美しい刺繍が特徴です。

正式な行事では、プラナカンの女性も伝統的な民族衣装をまとうことが多く、それはニョニャ・ケバヤとして知られ、マレーのサロン・ケバヤの影響を受けています。

この複雑な衣装は透け感のある生地のブラウスを特徴とし、通常バラや蘭、蝶などをモチーフにした刺繍で装飾されています。

関連エピソード