プリペイドSIMカード

引き続き携帯電話からの通話やメッセージ送信をご希望の場合は、シンガポールのプリペイドSIMカードのご購入をおすすめします。現地に3つある電話会社の M1、 Singtel(シングテル) 、および Starhub(スターハブ) が様々なパッケージを提供していますので、ご自身のニーズに合うプランをお選びください。国内・国際通話とSMS用のセット料金から選択することが可能で、現地でのモバイル通信は様々なデータ量から選ぶことができます。利用期間は通常5日間~30日で、31日以上の設定もあります。

プリペイドSIMカードは、島内各地の電話会社の小売カウンター、セブンイレブンやCheers(チアーズ)などのコンビニエンスストアのほか、シンガポール・チャンギ空港のChangi Recommends(チャンギ・リコメンズ)、両替カウンターおよび電話会社の小売カウンターで手軽に購入いただけます。プリペイドSIMカードの購入時には、登録用にパスポートをご提示いただく必要があります。


ポケットWi-Fi

また、ポケットWi-Fiデバイスを使用して、複数のデバイスからインターネットに接続することもできます。これは携帯電話のネットワーク経由でデータにアクセスするモバイルホットスポットで、シンガポールの旅先でノートPC、タブレットやスマートフォンが利用可能になります。

この方法は、いくつかのデバイスをお持ちで、Wi-Fi接続が必要であり、あまり通話をしない方におすすめです。ポケットWi-Fiデバイスは、シンガポール・チャンギ空港内の Changi Recommends(チャンギ・リコメンズ) のカウンターで レンタルすることができます。レンタルしたデバイスは、お帰りのフライトに乗る前にChangi Recommends のカウンターで返却できるので便利です。シンガポールには他にもポケットWi-Fiのレンタル会社があります。インターネットで検索して事前に登録すれば、ホテルでポケットWi-Fiデバイスを受け取り返却することができます。


無料の公共Wi-Fi

また、Wi-Fiのホットスポットはシンガポールの様々な公共エリアでもご利用いただけます。ここではその一例をご紹介します。

Wireless@SG
これはシンガポール全域で提供されているWi-Fiサービスで、ショッピング・モール、博物館、公共図書館、コミュニティセンター、MRTの駅、チャンギ空港、セントーサ島など、多数の場所で利用できます。最新のホットスポット一覧は、こちらでご確認ください。また、このサービスを利用できる場所にはWireless@SGのステッカーが貼られていますので周囲を見回してみてください。お手持ちのデバイスにはSSID Wireless@SGと表示されます。接続するには、Wireless@SGのホットスポットでご自身の外国の携帯電話番号を使用してアカウント登録を行います。登録後、SMSメッセージでログインの詳細が送信されます。海外手数料が適用される場合があります。

チャンギ空港
チャンギ空港のトランジットエリアでは、#WiFi@Changiを使用して無料のWi-Fiサービスをご利用いただけます。詳細は、 こちらをご覧ください。

ショッピング・モール
シンガポールの一部のショッピング・モール、レストラン、カフェでは無料のWi-Fiサービスを提供しており、ログインして利用することができます。このサービスを利用できる場所には通常その表示がされていますが、Wi-Fiアクセスについては店舗やショッピング・モールのインフォメーション・カウンターにお気軽にお問い合わせください。